猛烈な暑さについて

7月に入って各地で猛烈な暑さが続いています。昨日7月23日には、埼玉県熊谷市で最高気温41.1度を観測し、5年ぶりに国内の最高気温を更新しました。また、熱中症やその疑いで搬送される人も去年よりかなり多く、テレビなどで熱中症対策について多く取り上げられていました。この暑さは気象庁が「災害」と認識するほどの異常なもので、8月上旬まで続くようです。

私の住んでいる場所も連日のように暑いです。在宅で仕事をしておりますが、暑さを避けるため外出はなるべく控えるようにしています。エアコンや扇風機、定期的な水分補給は欠かせません。昼食もあっさりとした、うどんやそばといった麺類が増えてきました。そして、昼食後はすいかを食べて涼を取ります。日々の習慣・暮らしがすっかり猛暑仕様になっています。

ちなみに今日は昨日と比べると気温が高くなく過ごしやすいです。お昼頃は日が照っていたのですが、午後になり曇ってきて日差しが遮られました。曇り空を見ると何となく暑さが和らいでくるのではないかと思います。しばらく暑さは2週間くらい続きそうですが、今日のように日があまり照らないような日が何日も続くことを願うばかりです。涼しくするために、できれば少し雨も降ってもらいたいです。