「疾風!アイアンリーガー」25年振りに試合開始!

各地で桜が満開を迎え、いよいよ新年度。しかしすぐに冷え込んだり、中々キリっとした気候になりませんねぇ。風邪やインフルエンザがまだまだ流行中だそうなので、皆様どうぞご注意下さい。外出時にはマスク装備、帰宅したら手洗いうがい! 入園や入学を迎えるお子様がいらっしゃる方はしっかり教えてあげて下さいね。今回はそんな季節の節目…に突如飛び込んだニュースについてです。紛らわしいですが健康関連ではないです。

病は気から。ならその気を、魂を熱く燃やせば風邪なんて打ち砕ける! 今回は25年前に大人気を博し、遂に再放送が決定したロボット&スポーツの熱血アニメ『疾風!アイアンリーガー』についてお伝えします! キーボードを叩く俺のオイルが沸騰するぜ!

まず一旦落ち着いて、と。そもそもこのアニメをご存知ない方も多いかもしれません。上記の通りアイアンリーガー(以下IL)が放送されたのは1993年。「あー、自分が生まれる前だ」という方に向けて軽くあらすじをご紹介しましょう。

ロボットが人間と共に働き、オイルを飲んで生活する未来。思考や心を自由に持つ彼等が老若男女と共に暮らす世界がILの舞台です。そこで大人気なのが、ロボットがプロスポーツ選手として試合をする「アイアンリーグ」。しかしスポーツとは名ばかりで、ルールはあれどラフプレーが横行。相手チーム同士のロボットが壊し合うような暴力的なショーを多くの人間が楽しんでいたのです。

しかしそんな状況を許さない者達もいました。純粋な心を持つ子供達、そして一流サッカーチームに所属するアイアンリーガーのマッハウインディです。彼のチームはリーグ最強とも言われる強豪。つまりラフプレーも凶悪なわけです。サッカーを愛する彼は破壊的なプレーを続けるチームメイトと監督にとうとう痺れを切らし、飛び出す勢いで自ら退団。しかし行くあてのない彼へ観客席にいた子供達が駆け寄り「シルバーキャッスル」への入団を勧めてきます。シルバーキャッスルはアイアンサッカーリーグで唯一、暴力のないフェアプレーを貫く真のサッカーチーム。しかしラフプレーの前にいつも勝利を掴めず、最弱チームとも評されていました。一旦は子供達からの願いを断ったマッハウインディですが、のちに現れた謎のリーガーから「正直に生きろ」と言葉をかけられ、シルバーキャッスルへの移籍を決意。そして新たなチームでの初試合でピンチに陥った時、マッハウインディの背中を押した例のリーガーが登場。相手の強烈なシュートを片手で止めた彼はマグナムエースと名乗ります。新たな二人のリーガーが加わったシルバーキャッスルは次第に、アイアンリーグ全体の歴史を突き動かしていくことになります。

ILは放送当時から人気を集め、キャラソングのアルバムやドラマCDまで発売されました。更に最終回を迎えた後も多くのファンの署名によりOVA化が実現。2004年にはアニメとOVA全編を収録したDVDボックスも発売されています。

またこのアニメは声優陣がとんでもなく豪華であることでも有名です。マグナムエース役は松本保典さん、マッハウインディ役は置鮎龍太郎さん。シルバーキャッスルの監督・エドモント役は玄田哲章さん、オーナーであり物語のヒロイン・ルリー役は横山智佐さん。他にも立木文彦さん、梁田清之さん、太田真一郎さん、茶風林さん、堀川りょうさん、山口勝平さん、小杉十郎太さん、堀之紀さん等々。ここに上げた方々は全員、レギュラーキャラです。準レギュラーキャラやゲストキャラも限りなく豪華です。彼等が演じるリーガー達が鋼鉄の体に燃える魂を宿し、熱く奥深いドラマを繰り広げていきます。そりゃもう見ている側が体力を消耗する程の熱さです。

ILは4月22日、BS朝日2chにて22:30から放送開始。23:30までの1時間で2話ずつの放送となります。ツイッターでも再放送を喜ぶファンが続出、じわじわとIL熱が高まっております。このアニメは未見の方にも是非とも、何としてでもおススメしたい名作。ちなみに個人的に気になっているのが、VHS版に収録されていたおまけコーナー「ルリーにおまかせ?」。これは正直、良い子には見せられないぶっちゃけトークもあったりします(笑)これも放送されたら非常に嬉しいのですが、贅沢はなしとしましょう。何せILの時代の再来という喜ばしいニュースなのですから。

TVの前で懐かしさと共に燃えるも良し、録画して周囲に迷惑にならない程度に燃え上がるも良し。もしハマった方にはDVDボックスもおススメです。それでは正々堂々、試合開始!!…まで暫しお待ちを!