最近また楽しくなってきたこと

しばらく音楽を聴いていなかったが、最近また少しづつ聴きはじめている。最新のヒットチャートにある曲も聴いてみていいなぁと思うけれど、なんどもなんども再生してしまうのは、自分が10代だったころ流行っていた曲だ。

DA PUMPのUSAが流行っているので、昔のDA PUMPの曲を再生してみると、懐かしくてなんだか涙が出そうになる。テレビやラジオから流れてくる音楽をまめに追っていた10代の時のことを少し思いだす。その時は、どんなに状況が嫌で仕方なくても、好きな音楽を聴いていればご機嫌っていう瞬間が何度ももあった。

ここ数年余裕がなく、最近の音楽はピンとこないとか恐ろしいことを思った時もあったけど、それは音楽を楽しめる余裕がある人に対する嫉妬だったのかもなぁとも思う。

余裕がなさ過ぎて、音楽を楽しむキャパすら自分にはなかったのだ。音楽だけでなく、映画も読書も出かけることも同じだ。環境になじまなければと思って、自分を窒息させるところだった。

自分を窒息させていれば、人の楽しむ姿だって喜んで見ることができないだろう。いい意味で人や環境から少し距離を置いて、自分の好きなものを楽しめる時間がもっと増えたらよいと思う。

育児は思い通りにいきません

体調不良ながらも上の子が外で遊びたいというので外で遊んでいるのを見ることになった。これはいつまでたっても飽きないと思い、キックスクーターでポストまでいくことにした。そうすれば疲れて家に帰ると言うに違いないと思いポストまでキックスクーターで行く息子。

帰るときはさすがに疲れたようで何度も「休憩する」と言い休み休み帰ってきた。家まであと何十メートルのとこで息子が「疲れた」といいふてくされて一歩も歩かない。「キックスクーター持って帰るからあと少し頑張ろう」といい家の前で待ってもまったく動かない。それどころか泣き出した。きっと抱っこして欲しいんだろうが下の子を抱っこしているので抱っこも出来ない。

なので手を繋いで家まで帰ろうとすると案の定「抱っこ抱っこ」と言い出した。「家で抱っこするからね」となんとか家に入る。そして「お昼寝の時間だから寝よう」と、息子二人と寝室へ。上の子は疲れていたのか、すぐ寝てくれた。下の子も寝かしたいとこだが、下の子はテンションが上がったのかまったく寝てくれない。

上の子が寝て絶好の昼寝のタイミングだったのに、と思いながらも洗濯や夕飯の準備がまったく終わってないので、寝るまもなく家事をするはめになった。体調悪いときくらい寝させてと思いながらも母親になり母の大変さを日々感じさせられていた。

ハムスターの毛狩りについて

うちで飼ってるハムスター。

ゴールデンハムスター系でキンクマと言う種類が2匹います。

しかも1匹は長毛種で文字通り毛が長い…。

ハムスターはキレイ好きでよく毛繕いをするのですがこの長毛は毛繕いがとても大変そう…。

どうにかしてあげられないものかと思いネットで調べたところ結構みなさんハサミで切ってあげてるという。

ならぱ私も、とハサミ(普通の紙を切るやつ)を取り出し切ってあげようとハムスターを持ち上げました。

そうしたらハムスターさん聞いたことない音がするもんだから暴れる暴れる…。

あぁ!ゴメンね!と謝り手を離しました。

ハムスターは怖がりだから聞いたことない音がなったりするとフリーズしたり急いで物陰に隠れたりするんです。

なのに私はそれを忘れてハムスターの耳元で思いっきりハサミの音を鳴らしてしまいました…。

その後少ししてからもう一度ハムスターを持ち上げ、おしりの方から少しずつ切って行きました。

胴まで来て首元や頭付近を切れば良い感じ!なところまで来ましたがうちのハムスター、あまりじっとしてられないのです。

ずっとキョロキョロしっぱなしで首元や頭付近の毛を切りたくても切れない…。

止まった瞬間切ろうとすると刃先の方に顔を向けたりして怖いのです。

間違って耳やヒゲを切るわけにも行かないので悩みました…。

でも切ってあげた方がサッパリするし、と意を決してチョキン!

顔の左右もヒゲを切らないようにチョキン!チョキン!

ハムスターにとってはずっと私に持たれてるのもストレスなのに更にチョキチョキ言われるのも凄いストレスだったろうなぁと思いましたがやはり毛が短くなり毛繕いが楽そうになったので頑張って良かったな、と思いました。

サッパリしたハムスターさん、可愛いよ!(笑)

最近の若者は趣味がないらしい

先日、兄弟姉妹の一人と会話をして居て、それが今の若者は趣味が無いと言う事でした。確かに、友達は私と会いたい理由が暇だから、と言うのが多く、実際に会っても友達はタバコを吸っているだけで、会話もそのうち尽きてしまい、楽しくありません。

その次にしたいのが、飲み会です。趣味が無いので、会うとなると自然と居酒屋へ行くことになります。会うたびに居酒屋へ行けば、最低3000円は使います。私はなぜ趣味が無いのか理解できません。私は、普段仕事をして、オフの日は、必ずどこかへ行くようにしています。

私は、スポーツ観戦が趣味なので、お金は必要最低限の出費と貯金以外は、趣味に使います。もちろんスポーツ観戦にはチケット代とそこまでの交通費が必要なので安くは無いですが、オリンピックや世界で戦うアスリート達の試合を間近で観れるのは、私にとっては最高のひと時です。

昨日も、東京から横浜まで行き、地球最強と呼ばれるラグビーの試合、ニュージーランド対オーストラリアを観て感動したところです。もちろん私の趣味は、興味の無い人にとってはどうでも良いことですが、趣味の無い若者は、一体飲み以外に何か楽しい事が無いのかとても疑問です。またそういう人達に限って、仕事も文句を言うのだそうです。

渋谷のハロウィンのニュースを見て。

週末27日夜からま28日朝にかけての渋谷の様子をテレビで見ました。一部の人の暴挙のせいで、純粋に仮装を楽しんでいる人達にはニュースになって可哀想でした。

魔女やお姫様や人気キャラクターなどに扮した人達が集まり、平成最後のハロウィンで賑わっていましたね。一方、痴漢や暴行、ケンカや盗撮などで5人くらい逮捕されたり、路上の軽トラックが横転させられて、車の一部が破損するといったトラブルも発生しました。終わった後はゴミが散乱していたり、酒の瓶が割れて粉々になって見ていても危ないという状況でした。皆がマナーを守って、警察の世話にならないようにしないと長くは続かないイベントになってしまいます。せっかく、イベント立ち上げてご苦労された方がいるんでしょうに。

本番の10月31日は平日ということで、週末の金曜日頃からのフライングスタートだったそうです。

今年は平成最後ということで、平成回顧、平成を象徴するような仮装がトレンドなのだそうです。安室奈美恵さんのチェックのスカートや厚底ブーツなどの衣装が人気があるそうです。

ハロウィンとはもともと秋の収穫を祝う祭りです。また、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いの祭りです。最近は、日本に定着して賑わう仮装パーティーになっています。31日はマナーを守って楽しい祭りになるといいですね。

バイト先の飲み会についてのいろいろ

バイトしてる方は、バイトの飲み会などにに行くことがあると思います。私のバイト先でもあります。しかし、日程調整に協力的なスタッフが少なく、決まってから「その日いけないんだけど」とか「店の都合悪い」などを理由に再度日程を設けるよう促されることがあります。

私からすると、協力しない人が悪いし、店長にも日程の相談を事前に行っているですけどーってなります。

私は、本当に飲み会に参加したい人だけで飲み会をすればいいと思うので、協力しない人は来れたら来れば?の感覚です。私がおかしいのでしょうか?

実は、近々飲み会があるんですけど、おんなじ雰囲気で参加人数が少ないし、日程変えれない?雰囲気出してくんですよね(;・∀・)

まー、私はガン無視して強行しますけどねw

事前にしっかり時間とって問いかけてるのに反応ないないなら知りませんという話です。

別の日にやろう!って言っても、私は感じしませんと言いますしねw

半分愚痴ですけど、参加すると楽しいもんです。

そりゃ、行きたい人が来るんだから当然かもしれません。しかし、皆おしゃべりなので帰るに帰れない!って時もあり困る時もあります。これは諦めて誰か帰ると言うまで一緒におしゃべりしてます。

皆さんの職場やバイト先ではどうでしょうか?

くじに当たる事があるなんて

先日AUショップで店員さんから教えてもらってWALLETくじというをやってみました。今までこのようなくじで当たった事等無かったので、どうせ1ポイント貰ってまた次回という感じで臨みました。

液晶パネルとカードセンサーで簡単にできるものでしたが、結果を見ずに帰ろうとしたときに店員さんに声をかけられました。お客様500ポイントおめでとうございます。

一瞬何の事か分かりませんでした。そもそもくじの賞品ポイントについても知らなかったので、500ポイントお言うのは想定外だったのです。まぁ500円だと感がえれば大したこともないのですが、くじで当たったとなると嬉しいものです。

実際のところくじに当たりは無いのではないかと思っているくらいですから、嬉しいよりも意外のほうが大きかったのが本音です。前にyoutubeで、くじを全部買って本当に当たりくじが入っているかを確かめるという企画を見ました。

その時は途中で店主から断られてしまったという結果でしたので、印象としてはやはり当たりは入ってないというものでした。こんなことがあるとショップの前を通るときは必ず寄るようになってしまいます。そこが狙いなのでしょうけれど、二度と当たらないでしょうね。

障害者施設で働くのって結構きついんです。

今は精神障害を患って、障害者の就労支援施設で働いている。障害者ばかりいる施設が障害者に優しいとは決して言えない。

奇声を発するものがいたり、からんでくるものがいたり、人間関係はむずかしい。

自分の体調もあるので毎日通うのが辛い。そもそも制度設計が障害者のためにではなくてそれを運営している人のために作られているからだ。

一般就労は無理だが、障害者施設には通えるレベルそこが一番厳しい。

まったく働ける要素がないとあきらめがつくが就労の技術を学びながら仕事らしいことをしている。

障害者は障害者だけで集めて管理するこれが日本の現状である。

働く喜びと自己の成長を掲げているがそれを感じたことはない。

施設が与えた仕事を黙々とやっているだけである。

何かを仕事していないと不安になる人もいると思うが、自分の場合は永遠に遊び続けても飽きることがない。

社会と関わることが自分の存在を確信することだとおもう。

それにはいろんな形があると思う。機会によって自動化された社会では暇をつぶす能力が必要である。

ただいわれたことを黙々とするだけの人間はいらない。

自分の周りの人間が自分に関係する人間に思えない。

こういうふうに思うときほどその状況を抜け出すタイミングだと思う。

どんな人にも限界がある、流れに身を任せてみてはどうだろうか。