国際結婚に対するイメージと実情のギャップ

今ではそれほど珍しくはなくなった国際結婚ですが、日本ではまだまだ珍しがられます。

当の本人たちは一緒に暮らしていて国籍を意識することはなく、お互い相手が異国人であることを忘れています。

日本における国際結婚は1980年頃までは総結婚数の0,5~1%台で推移していましたが、80年以降右肩上がりで増加し、2006年のピーク時で6,1%を記録しました。

現在は3%台で推移しており、100組中3組が国際結婚と言う訳です。

また、国際結婚の離婚率は総離婚数の7%と高いことから、国際結婚は容易ではないことがうかがい知れます。

国際国内に関わらず、結婚は個人間の問題のみならず、相手の家族も含めた結婚であると考えますし、誰と結婚しようと幸せを継続するためには努力が必要です。

結婚生活が上手く行く行かないに、国籍はあまり関係がないと思います。

日本に滞在する外国人の数は年々増加しており、単一民族の日本が多民族国家へと変貌し、国際化が進んでいます。

今後益々国際化が進み、外国人や混血と言った括りで区別することはなくなるでしょう。

若者の未婚、晩婚が問題となっておりますが、国籍や民族にとらわれず、世界の異性を恋愛対象にできれば、将来の選択網は広がりますよね。

個人的にすごい進歩でびっくりです!

今日は今年何をやりたいかな?と思っていた100のやりたいことリストを少しずつこなしてみました。

まだ65個も残っているのですが、まぁこんなこともあるかな?って感じ。

最近英語の勉強とかもしたいなって思っていたのでアプリとかもガンガン使っていたりします。

それで新たに英語のアプリを活用するようになりました。

これが結構最近のフレーズって感じで普通に使えるって感じ。

一人でいるとしゃべることもないから、ちゃんとしゃべる機会とかあった方がいいなぁって思ったりしちゃいます。

個人的に文明は進化してるなぁなんて思ってしまうばかりでしたし、とにかく楽しい気持ちになりました。

今後必ず一回は英語の練習をする時間を作ろうって思っています。

毎日ぼ?っとテレビとか見る時間も多かったですが、今日からはそんな自分とは別の道に進みたいなって思います。

とはいえ、今日もテレビみながら作業してるんですけどね。

そんな自分の生活を少しずつ変えていきたいなぁなんて。

ひとまず、床に散乱した本とかもアプリを導入した勢いで片付けたいなって思います。

今日はそれをやりきって幸せな気分で夜を満喫したいです。

副業記事も書きたいので、微々たるスピードかとは思いますが、何事も少しずつやり続けていきたいなと新しいことをやってテンション上がっています。

東京オリンピック誘致の不正疑惑

2020年に開催される東京オリンピック誘致の不正疑惑で、フランス当局が

日本オリンピック委員会の竹田恒和会長に対して本格的な捜査に乗り出しました。

この疑惑は、東京のオリンピック誘致委員会がシンガポールのコンサルタント会社

ブラック・タイディングズ社にコンサルタント料として支払った2億3千万円が

オリンピック誘致の票を取りまとめる買収工作に使われた疑いが持たれている。

ブラック・タイディングズ社は当時、国際オリンピック委員会委員だった

ミラン・ディアク氏の息子、パパマッサタ・ディアク氏と関係が深いとされる

会社だそうです。

このパパマッサタ氏はリオデジャネイロオリンピックの誘致でも、

ブラジル人実業家から自身の関連会社に2億円を振り込まれ、

集票工作を行った関わったとされ、

インターポールを通じて国際指名手配されている人物です。

しかし、パパマッサタ氏の母国であるセネガル政府に身柄引き渡しを要請しているが、

拒否されている状態です。

この事態に昨日、竹田恒和会長が記者会見を開きました。

改めて不正に関与していないとの内容の記者会見でした。

しかし、この記者会見はわずか7分で終わり質疑応答は行われませんでした。

これには集まった記者から不満が噴出し結果、逆に竹田会長の印象を悪くした記者会見となりました。

このまま東京オリンピックを迎えれば、オリンピック開催に影を落としかねないと思います。

この問題は長引きそうです。