SNSにいじめられています。

実は私、ECサイトのオーナーになったんです。売っているのはTシャツと、スマホケースと、CDです。ただショップの名前が英語表記で、日本語に直訳するとかなり卑猥な意味のスラングなんです。

実は、海外経験があって英語が少し話せます。向こうに住むと余計なスラングまで覚えてしまうから、響きのかっこいいスラングでずっと気に入ってた言葉をショップの名前にしたんです。その名前を使う事を、ずっと夢見ていたんです。遂に、夢が叶ったんです。

しかし、Facebookにシェアしたら投稿を削除されてしまいました。さらにアカウントに警告がきてしまいました。

だったらと思い、Instagramに載せることにしました。そうしたらショップの名前のハッシュタグを投稿させてもらえないんです。何回もエラーになるからもしかしてと思い、ショップの名前のハッシュタグを省いたら、すんなり投稿させてくれました。

いや、それくらい許してくれたって良いじゃないですか。たしかに直訳すれば卑猥な言葉です。でも向こうでは、すっごくイケてる! みたいな意味で使うんです。

なんて冷たいんだろう、SNSって。と思い、私がホームステイしたお宅に電話をかけて愚痴ったら、当時のホストマザーが大笑いです。

向こうでも同様らしく、スラングOKなSNSとそうじゃないSNSがあり、日本語で直訳するとあまり好ましくない言葉を投稿したい場合、海外でしかまだ主流でないSNSを使ったらどうかと言われましたが、うちのECサイトは海外発送には対応しておりません。

そのSNSでシェアしても意味がないと、ホストマザーに言ったところ、じゃあ店の名前を変えなさいとのアドバイスを受けました。

嫌です。

良いものを沢山の方々にお届けしたいという、真面目な理由で投稿しています。

オフラインだけではなく、インターネットも世知辛い現代です。

お金儲けをしたいというわけではありません。確かにお金は頂くのだけれど、私の収益なんて全く考えていないんです。半分チャリティーというか、自分の好きな分野のクリエイターが潤うために、せっかくデザインにもこだわって、スタイリッシュなECサイトを作ったというのに。

まぁ、仕方ありません。オウンドメディアのマーケティング方式で、地道に時間をかけて頑張ります。

葉酸で健康的な体を維持しよう

毎日の健康は健康的な食事で守っていくことというのが必要です。ですが、そうした健康的なものというのはなかなか続けることができないものです。ですからサプリで足りないと思われる栄養素は補っていくようにすることがおすすめです。

そして特に妊婦さんが注目したほうが良いのが葉酸サプリです。妊婦さんは葉酸が必要ですが、葉酸はホウレンソウやかぼちゃなどの緑黄色野菜にほんの少し含まれるだけですから、足りなくなることが考えられます。サプリであればつわりで食が進まないような時にも良いですから取り入れていくと良いでしょう。

特に妊娠初期のころのつわりというのは食べなくても臭いや、野菜の姿かたちを見ただけでも吐き気が襲ってくるものです。ですから飲みやすく、見た目的にも取り入れやすくなっている葉酸サプリであれば良いでしょう。野菜を調理してわざわざ料理をする手間も省けます。

また、サプリのメリットは量が分かりやすいということです。毎日同じ数だけを飲めば良いということがほとんどですから、飲みすぎ、食べ過ぎの心配もないです。普段からサプリは摂取していないという人にもわかりやすいので続きやすいでしょう。好き嫌いが多い人にも良いです。

衣替えのシーズン。断捨離。

みなさん、こんにちわ。

いかがお過ごしでしょうか?

私は日ごろおしゃれにはそこまで関心はないのですが、やはり身だしなみにはそれなりに気を使いたいと思っています。

昨今では断捨離、ミニマリストなど本屋さんでそれに関する本が並んでいます。

春の連休、クローゼットを整理して衣替えをしたいと思っています。

女性はブランド物が大好きでよく身につけていますね。

特に若い子で10代の子でも、とても高いブランドバッグが流行していたりします。

ただ私はこれを見ていて、10代の若い女性がそんなに高いものが買えるわけもなく本物なのか?と疑ってしまいます。

フランスの女性は自分自信が唯一のブランドであるから、他にブランド物を持たなくてもよいという考えが根付いているそうです。

そしてある程度年齢がいってから本物持つという志向が強いそうです。

そういう考えがあるからこそ、パリジェンヌたちはみんなおしゃれなのですね。

日本とフランスては国が違うし、考え方も違うので賛否両論はあります。

しかし、外国のこう言った文化を見直してみるのも良いかもしれませんね。

さて、普段は忙しくて生活のケアがなかなか出来ませんが、せっかくのお休みが続くのでちょっと頑張るぞ!

ではまた。