ひとりカラオケ

私はこの前初めてひとりカラオケをしました。
小さい頃から歌うことが大好きで、カラオケが大好きでした。
学生の頃はよく帰りに友達と2時間ほどカラオケで歌ったり、休みの土日に丸一日使って歌ったりしました。
ですが、社会人ともなるとなかなか会わなくなってしまい、カラオケにも行かなくなりました。
そこで歌えないことへのストレスがたまり、肌荒れまで起こしてしまいました。
これは身体に悪いと思い、思い切ってひとりカラオケをしてみることにしました。
よく友達がひとりカラオケすると聞いていてすごいなーと思っていました。
まず第一にカラオケはみんなで歌ってはしゃぐものだと思っていたからです。
1人だと1人で歌って寂しくないのかなと思っていました。
ですが、どうしても歌いたくなって、いよいよひとりカラオケすることになりました。
地元のカラオケだと地元の友達や知り合いに会うかもしれないと思い、やめました。
そこで少し遠くの地元から離れたカラオケを選びました。
まず受付をして2時間ほどのパックを選びました。
店員さんの態度は思ったより何も気にしてなさそうでよかったです。
いざ、歌ってみるとやはりとてもスッキリしました。さすがにはしゃげはしませんが、とても内心ウキウキワクワクしてました。
あっという間に2時間立ちひとりカラオケもあっけなく終了しました。
最後の会計も周りにお客さんがいなかったため全く1人でいることは気になりませんでした。
また機会があればいきたいです。

夏休みの工作

夏休みの宿題で、息子君が貯金箱のデザインを考えていました。我が家は基本的には教えてと言ってくるまで自由にやらせるという考えでいたので、どんな貯金箱を作るのかな~と思い見守っていました。楽しくあわただしい夏休みも残すところあと1日になった時にふと、「僕作ったよ」と自信満々に言っていた貯金箱は一体どこに・・・?と思っていたら、夏休みの宿題とともにボックステッシュの箱を袋に詰めている息子…まさかと思いよく見ると500円玉がギリギリ入りそうな穴が・・・これを工作として持っていくの???と凍りつきましたが、本人はいたって普通に準備をしているので、最終日に親子で泣きながら工作を考えて作ることは想像するだけで恐ろしく、先生がどんな顔をしてこの貯金箱を眺めるのか凍りつく思いで2学期元気に送り出しました。

でも、ふと思うんです。完成度のかなり高い貯金箱作ったお友達に聞くと「ママがキットを買ってくれたよ」とか「パパが作ってくれたよ」とか、さらに驚くのは「これを持っていきなさい」と出来上がったものを買って普通に持っていくだけの子もいるみたいで、そりゃ~キットや手作り貯金箱が売れているはずだな…としみじみ感じました。でも一番大事なのって、子供が作る過程と出来た感動を想い出にするってことでは?とテッシュの箱貯金箱を見て複雑な思いを感じた夏でした。

昨日さとうクリニックさんでみたドラマのイメージは強烈でした

昨日、母が今度もデイサービスにずっと通うために介護保険の認定更新手続きを取るために必要な主治医意見書の作成依頼と健康診断のためにデイサービスの母の担当の佐藤さんの運転する車で行ったさとうクリニックさんでみたドラマのイメージは強烈でした。マジ驚きました。

最初はモリタポタイプの男女が(二人とも顔がモリタポ風でした)恋人みたいにいちゃついていてハッピーモードでしたが、その後いきなり処刑場が出てきて何故か死刑囚にさっきのモリタポタイプの二人の男女のうちの男性がいつの間にか煤けて汚れた哀れな様相で太い棒のような物に縛り付けられて晒し者になっていました。
その死刑囚の目の前には長い槍を持った勇ましい女性が立ちはだかっていて、何か二・三つぶやいたり罵った後死刑囚の左胸をやりで一突きして、死刑囚男性に血反吐を吐かせてしまいました。

そしてとても気になることが、それは、死刑囚を槍でついた女性の顔が同級生のM姉妹の母親の顔になんとなく似ていることでした。そのことでちょっと思い当たることがあります。
ずっと前に夢の中にモリタポさんが登場して話しかけて来たことがあったんですが、私の勘だと、どうやらあの姉妹のお母さん、年よりもすごく若く見えるし、接客暦も長いようで、自分の子供の年代の人であっても気に入れば付き合ったりもある感じで、だから私が昔交際したことがあったようにM姉妹も何となく、妹さんが交際したことがあったように見えたりするから、たとえ自分の娘が交際をしたことがあったとしても接近を図られると接客暦が長い人はそういう人が多いと思いますが、あまり邪険にせずに何か接触があったことがあるのかな?と邪推したり色んなことを想像してしまいました。ちょっと怖いですけどね。

実は、前に夢の中にモリタポさんが出て来た時にちょっと髪の毛が赤くなったんです。一時的ですが、ちょっと赤茶けたんです。
ちょうど同じ時期に近所の山崎デイリーで働いている同級生のお母さんも私と同じ髪の毛の色になっていたので驚きました。彼女も何かがきっかけで彼女に目をつけられてしまった運命の子羊なのでしょうか?!
自分の本心としては、あまり考えすぎずにもっとノビノビとやりたいのですけど、今回、母の用事で行ったさとうクリニックさんの待機室のテレビで見たドラマの内容が内容だけにちょっと考えすぎてしまいましたね。