最近また楽しくなってきたこと

しばらく音楽を聴いていなかったが、最近また少しづつ聴きはじめている。最新のヒットチャートにある曲も聴いてみていいなぁと思うけれど、なんどもなんども再生してしまうのは、自分が10代だったころ流行っていた曲だ。

DA PUMPのUSAが流行っているので、昔のDA PUMPの曲を再生してみると、懐かしくてなんだか涙が出そうになる。テレビやラジオから流れてくる音楽をまめに追っていた10代の時のことを少し思いだす。その時は、どんなに状況が嫌で仕方なくても、好きな音楽を聴いていればご機嫌っていう瞬間が何度ももあった。

ここ数年余裕がなく、最近の音楽はピンとこないとか恐ろしいことを思った時もあったけど、それは音楽を楽しめる余裕がある人に対する嫉妬だったのかもなぁとも思う。

余裕がなさ過ぎて、音楽を楽しむキャパすら自分にはなかったのだ。音楽だけでなく、映画も読書も出かけることも同じだ。環境になじまなければと思って、自分を窒息させるところだった。

自分を窒息させていれば、人の楽しむ姿だって喜んで見ることができないだろう。いい意味で人や環境から少し距離を置いて、自分の好きなものを楽しめる時間がもっと増えたらよいと思う。