個人的にすごい進歩でびっくりです!

今日は今年何をやりたいかな?と思っていた100のやりたいことリストを少しずつこなしてみました。

まだ65個も残っているのですが、まぁこんなこともあるかな?って感じ。

最近英語の勉強とかもしたいなって思っていたのでアプリとかもガンガン使っていたりします。

それで新たに英語のアプリを活用するようになりました。

これが結構最近のフレーズって感じで普通に使えるって感じ。

一人でいるとしゃべることもないから、ちゃんとしゃべる機会とかあった方がいいなぁって思ったりしちゃいます。

個人的に文明は進化してるなぁなんて思ってしまうばかりでしたし、とにかく楽しい気持ちになりました。

今後必ず一回は英語の練習をする時間を作ろうって思っています。

毎日ぼ?っとテレビとか見る時間も多かったですが、今日からはそんな自分とは別の道に進みたいなって思います。

とはいえ、今日もテレビみながら作業してるんですけどね。

そんな自分の生活を少しずつ変えていきたいなぁなんて。

ひとまず、床に散乱した本とかもアプリを導入した勢いで片付けたいなって思います。

今日はそれをやりきって幸せな気分で夜を満喫したいです。

副業記事も書きたいので、微々たるスピードかとは思いますが、何事も少しずつやり続けていきたいなと新しいことをやってテンション上がっています。

東京オリンピック誘致の不正疑惑

2020年に開催される東京オリンピック誘致の不正疑惑で、フランス当局が

日本オリンピック委員会の竹田恒和会長に対して本格的な捜査に乗り出しました。

この疑惑は、東京のオリンピック誘致委員会がシンガポールのコンサルタント会社

ブラック・タイディングズ社にコンサルタント料として支払った2億3千万円が

オリンピック誘致の票を取りまとめる買収工作に使われた疑いが持たれている。

ブラック・タイディングズ社は当時、国際オリンピック委員会委員だった

ミラン・ディアク氏の息子、パパマッサタ・ディアク氏と関係が深いとされる

会社だそうです。

このパパマッサタ氏はリオデジャネイロオリンピックの誘致でも、

ブラジル人実業家から自身の関連会社に2億円を振り込まれ、

集票工作を行った関わったとされ、

インターポールを通じて国際指名手配されている人物です。

しかし、パパマッサタ氏の母国であるセネガル政府に身柄引き渡しを要請しているが、

拒否されている状態です。

この事態に昨日、竹田恒和会長が記者会見を開きました。

改めて不正に関与していないとの内容の記者会見でした。

しかし、この記者会見はわずか7分で終わり質疑応答は行われませんでした。

これには集まった記者から不満が噴出し結果、逆に竹田会長の印象を悪くした記者会見となりました。

このまま東京オリンピックを迎えれば、オリンピック開催に影を落としかねないと思います。

この問題は長引きそうです。

1杯1,000円のオーセンティックなバーより、赤提灯!

20歳くらいの頃、今から思えば生意気なのですがオーセンティックなバーで1杯1,000円するカクテルを頂いたりしていました。

37歳になった今、すっかり赤提灯派になってしまいました。

「酒は近場で安く呑む」という、同じ感覚の都会的ではない友達が周りにいっぱい。

もちろん今でもお洒落なダイニングバーやカフェは好きです。ただ、食べ物だったりお酒に使うお金が、私の場合は年を取るごとにどんどん減ってきています。

高級志向な女性って年齢を重ねても、バーカウンターで「あちらのお客様からです」とかカクテルを頂いたりしてるんでしょうか。

過去には、そんなセレブな未来を思い描いていた様な気もしますが、今は特に豊かでなくとも細々ぼんやり暮らしていければ良いと思っています。

前の仕事を辞めたタイミングで、何かスイッチが切り替わったんです。

それまで「自分はこうであるべき」みたいなものが強くて、とにかく優等生で居たかったんです。

それって誰かから見た自分を常に意識して生きていたわけで、自分に自信が無かったからだと思うんですよね。

そこまでムリして頑張らなくても、このままで良いと思える様になったんです。

そしたら消費する金額が全く変わって、コスメやら洋服やらトレンドを追いかけて沢山買い込んでいたのに、ここ2年くらい基礎化粧品くらいしか購入してないんですよね。

それはそれで、干物女過ぎてヤバイんですけど。

人間って、自分の核というか本質的なところを自覚して好きでいられると、自然体のままストレスも少なく生きられるものなんです。

私の場合は30歳過ぎてから初めて等身大の自分を認めてあげられる様になりました。

今、生きていて楽なんですよね。

もちろん悩んだり落ち込んだりとか、ストレスは生きてる限りあります。

死んでるより、生きてる方がずっと面倒だし大変。でも、素晴らしい事もあって。

なんだかまとまらない文章なんですが、上手く言えないんですよね。

セレブ婚した友達がSNSに素敵なディナーの写真を載せているのを見て、ちょっと物思いにふけってしまいました。

その子とはよく一緒に1杯1,000円のバーに通っていたんですよね。

嫉妬心とか嫌悪感も無いし、幸せならいいなと思って流し読みしたんですけど、私は今の自分が好きなので赤提灯で満足です。

平成が終わる今年、これからどうなる。

2019年がスタートして、半月が立ちました。

今年は日本にとってターニングポイントになりそうです。

まず現在の天皇陛下が退位されて皇太子殿下が天皇の座に就かれ、それに伴い平成が終わり新しい元号の時代が始まります。

平成の時代は30年あまりですが、振り返れば景気の低迷や自然災害など、あまり良い時代ではなかったような気がします。

その反面、色んな分野で技術が、急速に進歩した時代だと思います。

私たちの生活を一番変えたのは通信手段だと思います。

20年ぐらい前から携帯電話が普及しはじめ、2000年に入ってからは一般家庭にインターネットも普及しだし、日本人の生活の変えました。

とても便利な時代になったと思います。

しかし、日本の社会は複雑になり、人と人との付き合いが希薄になり、以前は起きなかったような事件も起きるようになりました。

例えば、オレオレ詐欺が解りやすいと思います。

息子や孫を名乗り、高齢者からお金を騙しとり、今現在もあの手この手の詐欺が横行しています。

性善説で成り立っていた日本の社会ですが、昔に比べると人を安易に信用できなくなりました。

平成から次の時代に移りますが日本の社会が、現状から良くなるとは考えにくいです。

しかし暗い話だけでなく、来年開かれる東京オリンピックや、大阪では万博が開かれることになりました。

これからは楽観的な考え方で行く方がいいのではないかと思います。

寒いと思ったら・・・

昨日は本当に寒い朝でしたね。

朝、布団から起き上がるのも躊躇しまくりで、なかなか行動できなかった私・・。

やっとこさ起き上がって身支度をして部屋の扉を開けると、日が昇るのが遅いからか、廊下はまだ真っ暗。

台所へ行ってストーブをつける数分間、自分の吐く息が白く立ち昇負のを見て、余計に寒さが増したように感じてしまいました。

この季節は、水道のお水がお湯に代わるまでの数秒間がとても長く難じます。

てきぱきと作業をこなしたい朝には、なおのこと冷たい水に少し我慢しながら、みんなの朝食の準備をします。

我が家は子供3人。

小学生2人と来年1年生になる幼稚園児。

子供たちが起きてくると、朝戦争の幕開けで、

年もそれぞれ違う子供たちが、自分のタイムリミットと闘いながら自分たちの身支度を整える中、

私も朝の仕事をこなしていくのですが、いくら広めの日本家屋に住んでいるとはいえ、朝の混雑で洗面所渋滞やトイレ渋滞を回避することはできず。

今日も朝から大きな声がこだまするのでした。

中でも、中うちの次男はゆったりさんなので、

朝のおトイレ渋滞に拍車をかけ、トイレでまったり。

お姉さまに怒られるのでした。

それでも、小学生組が登校すれば、少しほっとします。

最近の小学生は登校時間が早い。

私の子供の時は(学校が近かったせいでしょうが8時集合でも間に合っていたのに、子供たちの集合時間は7時。

さすが田舎は距離が違う・・。

けれども、今日も寒い中、学校までの45分の道のりを歩いて登校していくのですから、えらいなと感心します。

シェアハウスでv…!!

小枝不動産と言うTV番組のコーナーが大好きです。毎週漏らさず見るために毎週録画をしています。不動産の部分だけダイジェストで見たいと思うほど好きです。

先日は非常に有難い家を言う物件を紹介していました。

凄く趣もある、シェアハウス風の物件でした。私も繁華街でシェアハウスをしているので、ある程度の家賃価格は把握しています。

その私の中の常識範囲内で考えると一番いい部屋でも取れて5~6万円かなと思っていました。6万円だと恐らく入らないと思っていました。

実際の家賃は目玉が飛び出ました。その倍以上なのです。家賃は15万円程度です。きっと戸建ての賃貸を借りる事も出来るし、築浅の物件でもそんな価格ではなかなか無いと思いました。

部屋は5部屋空いていると言っていました。

全体で何部屋あるのかは分かりませんが、そりゃ入らないだろうと思いました。少し位高くても価値のある家にと考える人はいますが、あの部屋だと無理だろうなと思いながら、最後の価格で度肝を抜かされました。

ただ、物件は量販出来ません。その土地、その環境、その間取りで納得し支払う人もいると思います。

それが又不動産の楽しい所でもあります。ただ、私はこんな一か八かの集客はごめんです。

気になるオーガニックって何だろう?

寒い日が続きます。

私が最近気になっていること、それは「マクロビオティック」です。

ちょっと調べて見ました。

この言葉は三つの部分から成り立っています。

*マクロ(大きな長い)

*ビオ(生命、生活)

*ティック(技術、方法)

総合して「とても長く生きるための方法」 という訳語になります。

私は以前からマクロビオティックに関してとても興味があったので、調べた上で実践することにしました。

これには3つ基本があるそうです。

1身土不二

自分が住んでいる土地で育った野菜と、旬のものを食べようという意味合いです。

体を冷やす南国のフルーツを、寒い地方の人が食べ続けていると体を壊します。

寒い時に余計に体を冷やすものを食べるわけですから当然ですよね。

もちろん反対もそうです。

このように考えると、体と住んでいる場所の環境は切っても切り離せないということになりますね。

2一物全体

どのような物でも、 全てが揃っていることで調和がとれ、形になっているという意味です。

例えば根菜でも、芯や根っこも工夫して 食べてしまおうという原理です。

私たちは取り除いて料理をしていますが、 その「取り除かれた部分」に栄養がたくさん詰まっているという考え方です。

しかし、最近では農薬を使って野菜を作っているため、やはり無農薬野菜オーガニックに頼ることになります。

3陰陽調和

「世の中の全てのものには反対のものが一つの対として存在している」という考え方です。

例えば男と女、早い遅い、明るい暗い、などです。

これらはどちらかがかけることなく両方が存在しているから、バランスが取れるという意味合いです。

さてマクロビオティックの基本を踏まえた上でまずは、早速玄米を買ってきて炊いてみました。

少し硬めでしたが美味しくいただきました。

私は元々、 雑穀などが好きだったので苦しまずに食べ続ける事が出来ると思います。

寒い冬を乗り切れそうかな。

花束をあげると言うこと

私は花束をあげるのはとても好きです。花束でもプレゼントでも相手の好きな物や色を考え、プレゼントする事は、私にとってとても大好きな時間です。先日、行きつけのバーでバーテンダーを話していると、その方も花をあげるのが大好きだと言っていました。

でも、日本では、発表会、結婚式などのイベントでしか花束をあげない印象が強くあります。私はアメリカに長く住んでいましたが、結構理由がなくても、綺麗な花を見つけたからが理由で友達や愛人に花束を買う事は珍しくありません。でも、突然日本で友達に花束をあげてもびっくりされるだろうし、恋人にあげても相手がどこまで喜んでくれるのか分からないので、日本では結構抵抗があります。

でも、そのバーテンダーが花をあげる事やもらうことはすごく嬉しい事だから、と私と意見が合ったので、彼女の誕生日に、彼女の好きな花をあげる事にしました。今日は誕生日当日なので、さっき好きな色の赤いバラの花を黒いラッピングで巻いて、綺麗にしてもらいました。

これからあげに行きますが、反応がとても楽しみです。日本でももうちょっと気軽に花束をあげれる社会になればもっと皆笑顔になれるのではないかと思っています。さて、今から準備します。