断捨離は片付けられない人への最終手段なのではないか

ここ数ヶ月断捨離熱がおさまらず、ゴミの日の前日の夜と当日の朝はひたすらゴミ袋を持ってうろうろしています。しかし、断捨離にも『停滞期』というものがあるらしく捨てるものが見つからなくなるんです。そんな時はいつもダンシャリアンやミニマリストの本をフリマサイトで購入し読むのですが、断捨離しているはずなのに本だけ増えていくのです。そんな現状を打開する為、足を踏み入れたのは図書館という本の宝庫でした。しかし『住まい・ライフスタイル』の本コーナーを見て唖然、断捨離の本達の隣に『捨てない整理術』『勿体無い精神』のような感じの題名の本が並んでいたのです。

ここに逃げてはいけないと思いながらも、パラパラと立ち読みをしてみましたがやっぱり「私には無理だー!」と思いました。なぜかというと、使ったものは元に戻す、毎日の掃除の時間を決めて習慣化する、収納DIYなどずぼらで不器用、そもそも掃除の時間が大っ嫌いな私にとっては「それができたら苦労しないよ」という内容だったからです。やっぱりズボラ女子の私には、断捨離しかないのだと痛感した1日でした。きっと断捨離は、捨てられない人のためだけにあるのではなく、私のようなズボラ女子の最終手段なんでしょう。

甘えん坊だと思っていたのにな。

このまえ、幼稚園最後の運動会がありました。

運動会の練習が嫌で最近は幼稚園に行きたくないと大泣き。仕事に行かないといけないし、とても心配な一日を過ごす数日間。

帰宅してから、何がそんなに嫌なのかを聞いてみました。「ママと離れたくないの」と。

ごめんね。寂しい思いさせてるのねとハグ。

でも先生からの報告は違っていました。「組体操が痛いからやりたくないそうです」。

なんだと!寂しいと泣いたのはなんだったんだ。

とりあえず、再度聞いてみると「熱い中ずっと外で練習はもう嫌だ!歩きたくない!組体操は痛いし!もう嫌なの!!」と怒涛のように出てくる運動会への不満。

でも、息子は大役を立候補しているので、私の主人もすごく楽しみにしてたんです。

泣いて幼稚園に行きながらも、なんとか運動会当日を迎えることができました。

年長さんは、開会式の前にセレモニーをするんです。大太鼓に小太鼓、シンバルに鉄筋。ピアニカの子もいます。

息子は一番前で旗を掲げる大役。3人いるのですが、一番体格が小さいです。旗も身長の1.5倍。

ドキドキしながら見ていましたが、立派な顔で堂々と行進していました。

大泣きの数日間を思い出したら涙がとまりません。甘えん坊だと思っていたけど、しっかり頑張ってたのね。

組体操も、プルプルしていましたがやり遂げていました。

運動会を終えた息子は、なんとなくひと回り大人になったように感じます。

ママ、ママといつも甘えてくるのに知らないうちに成長しているものですね。

専業主婦の偉大さには仕事をしてても敵わない

一年ぶりくらいに妻が風邪を引いてしまいました。
うちは妻が専業主婦状態なので、僕は働くばかりで家事は完全に妻に任せきりです。
子供も三人いて、全員保育園にも幼稚園にも行っていないので、いざ妻が風邪で動けなくなるとどれほど大変なのかが身に沁みました。
もちろん子供が三人もいるんだから楽じゃないだろうというのは分かってましたが、いざ自分がやってみるときつかったです。

食事に関しては風邪を引いているということもあってほとんど食べる気がしないと言われたので、自分と子供たちの分はお惣菜を買ってきて済ますことに。
そんなわけで家事に関して僕はほとんどしなかったのですが、子供たちの相手だけでももう大変。
僕が休みの日は普段からそうなのですが、ママが風邪引いて寝込んでいようがお構いなしで、パパがお休みならどこかに連れてってもらえる、というような感覚でどこかに行きたい遊びに行きたいとのコール。
結局、一番下の子も風邪を引いているので妻と一緒に家と残ってもらい、ほとんど一日中上の子供たちと公園に行ったりショッピングモールへ行ったりと忙しい一日となりました。

逆に、僕と息子たちが家にいなかったから妻は家でゆっくりと休めたみたいでしたが、子供たちの相手に家事まで加わったら、とても全部が出来る気がしません。
専業主婦ってすごいなぁ、と感じた一日でした。嫁さん、毎日おつかれさまです。

想いを溢れ出そう

私はお散歩が大好きです。待ち合わせをする際、時間があればひとつふたつ前の駅で下車し、街歩きをしながら向かうこともあれば、旅行先では公共交通機関を使用するよりも徒歩で迎える場所にはなるべくそのようにして向かいます。

そもそもなぜ散歩が好きかというと歩きながら自分の知らない街の見え方があったり、裏路地にあるお店を発見できたり、また時には自分の心と向き合う時間にさえなります。散歩をしていれば様々な人とすれ違ったり見かけることがあります。混雑している道をイライラしながら歩いている人もいれば、その中で誰かをワクワクしながら待っている人もいます。一人さみしそうに座っている人もいれば、恋人と楽しく会話いているカップルもいます。同じ道のはずなのに様々な気持ちが混ざり合っていて、それだけ人の思いがあるんだなあと思いました。同じ環境にいても一人一人思いや考えが違うのは当たり前で、その思いが溢れ出ることはとても素敵なことなんだとも思います。誰かに自分の考えを伝えたいとき、気持ちがモヤモヤしてしまうとき、誰にでもある感情をもっと溢れ出してもいいのではないかなと思います。

この考えもある日散歩をしながら考えていた事のひとつです。思いを溢れ出してもっと素敵な日々を過ごしていきたいと思いました。

ひとりカラオケ

私はこの前初めてひとりカラオケをしました。
小さい頃から歌うことが大好きで、カラオケが大好きでした。
学生の頃はよく帰りに友達と2時間ほどカラオケで歌ったり、休みの土日に丸一日使って歌ったりしました。
ですが、社会人ともなるとなかなか会わなくなってしまい、カラオケにも行かなくなりました。
そこで歌えないことへのストレスがたまり、肌荒れまで起こしてしまいました。
これは身体に悪いと思い、思い切ってひとりカラオケをしてみることにしました。
よく友達がひとりカラオケすると聞いていてすごいなーと思っていました。
まず第一にカラオケはみんなで歌ってはしゃぐものだと思っていたからです。
1人だと1人で歌って寂しくないのかなと思っていました。
ですが、どうしても歌いたくなって、いよいよひとりカラオケすることになりました。
地元のカラオケだと地元の友達や知り合いに会うかもしれないと思い、やめました。
そこで少し遠くの地元から離れたカラオケを選びました。
まず受付をして2時間ほどのパックを選びました。
店員さんの態度は思ったより何も気にしてなさそうでよかったです。
いざ、歌ってみるとやはりとてもスッキリしました。さすがにはしゃげはしませんが、とても内心ウキウキワクワクしてました。
あっという間に2時間立ちひとりカラオケもあっけなく終了しました。
最後の会計も周りにお客さんがいなかったため全く1人でいることは気になりませんでした。
また機会があればいきたいです。

夏休みの工作

夏休みの宿題で、息子君が貯金箱のデザインを考えていました。我が家は基本的には教えてと言ってくるまで自由にやらせるという考えでいたので、どんな貯金箱を作るのかな~と思い見守っていました。楽しくあわただしい夏休みも残すところあと1日になった時にふと、「僕作ったよ」と自信満々に言っていた貯金箱は一体どこに・・・?と思っていたら、夏休みの宿題とともにボックステッシュの箱を袋に詰めている息子…まさかと思いよく見ると500円玉がギリギリ入りそうな穴が・・・これを工作として持っていくの???と凍りつきましたが、本人はいたって普通に準備をしているので、最終日に親子で泣きながら工作を考えて作ることは想像するだけで恐ろしく、先生がどんな顔をしてこの貯金箱を眺めるのか凍りつく思いで2学期元気に送り出しました。

でも、ふと思うんです。完成度のかなり高い貯金箱作ったお友達に聞くと「ママがキットを買ってくれたよ」とか「パパが作ってくれたよ」とか、さらに驚くのは「これを持っていきなさい」と出来上がったものを買って普通に持っていくだけの子もいるみたいで、そりゃ~キットや手作り貯金箱が売れているはずだな…としみじみ感じました。でも一番大事なのって、子供が作る過程と出来た感動を想い出にするってことでは?とテッシュの箱貯金箱を見て複雑な思いを感じた夏でした。

昨日さとうクリニックさんでみたドラマのイメージは強烈でした

昨日、母が今度もデイサービスにずっと通うために介護保険の認定更新手続きを取るために必要な主治医意見書の作成依頼と健康診断のためにデイサービスの母の担当の佐藤さんの運転する車で行ったさとうクリニックさんでみたドラマのイメージは強烈でした。マジ驚きました。

最初はモリタポタイプの男女が(二人とも顔がモリタポ風でした)恋人みたいにいちゃついていてハッピーモードでしたが、その後いきなり処刑場が出てきて何故か死刑囚にさっきのモリタポタイプの二人の男女のうちの男性がいつの間にか煤けて汚れた哀れな様相で太い棒のような物に縛り付けられて晒し者になっていました。
その死刑囚の目の前には長い槍を持った勇ましい女性が立ちはだかっていて、何か二・三つぶやいたり罵った後死刑囚の左胸をやりで一突きして、死刑囚男性に血反吐を吐かせてしまいました。

そしてとても気になることが、それは、死刑囚を槍でついた女性の顔が同級生のM姉妹の母親の顔になんとなく似ていることでした。そのことでちょっと思い当たることがあります。
ずっと前に夢の中にモリタポさんが登場して話しかけて来たことがあったんですが、私の勘だと、どうやらあの姉妹のお母さん、年よりもすごく若く見えるし、接客暦も長いようで、自分の子供の年代の人であっても気に入れば付き合ったりもある感じで、だから私が昔交際したことがあったようにM姉妹も何となく、妹さんが交際したことがあったように見えたりするから、たとえ自分の娘が交際をしたことがあったとしても接近を図られると接客暦が長い人はそういう人が多いと思いますが、あまり邪険にせずに何か接触があったことがあるのかな?と邪推したり色んなことを想像してしまいました。ちょっと怖いですけどね。

実は、前に夢の中にモリタポさんが出て来た時にちょっと髪の毛が赤くなったんです。一時的ですが、ちょっと赤茶けたんです。
ちょうど同じ時期に近所の山崎デイリーで働いている同級生のお母さんも私と同じ髪の毛の色になっていたので驚きました。彼女も何かがきっかけで彼女に目をつけられてしまった運命の子羊なのでしょうか?!
自分の本心としては、あまり考えすぎずにもっとノビノビとやりたいのですけど、今回、母の用事で行ったさとうクリニックさんの待機室のテレビで見たドラマの内容が内容だけにちょっと考えすぎてしまいましたね。

ちょっぴり親孝行

入院中の母親のところへ行き、何気ないいつも通りの普通の話をしました。
母が「足がむくんで、冷えて眠れないのよ。」といったので、最近覚えたリンパマッサージや冷え性改善のツボ押しをしてあげました。

10分程マッサージをしてあげたら、母は「足がポカポカしてきて、あったまってきたわ~。」と嬉しそうでした。
本当に効果があったのか、私のマッサージが嬉しくてそう言ったのかは分かりませんでしたが、母は本当に嬉しそうでした。
普段親孝行らしきことをしたことがありませんでしたが、私も嬉しくなりました。
ちょっとしたことでしたが、マッサージしてあげて良かったなあと思いました。一日一善になりました。

明日は、別に住んでいる父の所へ行ってみようかと思います。
母の手料理が食べられずに、きっとお惣菜を食べているでしょうから。
親孝行の真似でもしてこようと思っています。

母のマッサージがなければ、父の所へ行って料理をしようなどとは思わなかったでしょう。
普段家のことをしない父には、母の家事の苦労が分かる良い機会だくらいに思っていましたから。
親孝行の真似事でもできる良いきっかけになったなあと思いました。
大したことではないですけど、ちょっと心が暖まる出来事でした。
明日も、心がポカポカの1日にしたいです。